敷金0物件ってどうですか?

Home » 賃貸について » 敷金0物件ってどうですか?
賃貸について コメントはまだありません

敷金は退居の際に発生した部屋の修繕、清掃などの原状回復費、または家賃を滞納していればその補填に充てられます。
敷金0物件の場合、最もトラブルが多いのが原状回復費に絡むものが多い為、これから見てみましょう。

【原状回復】

原状回復費は文字通り部屋を借りた状態に戻す為に必要な費用のことです。通常であれば入居の時に前もって支払うことになっています。
しかし、敷金0物件の場合は入居の時に敷金を支払わない為、退居の時にこの原状回復費を全額後払いするということになります。

実はこの後払いがクセもので、敷金を先に支払う通常の場合と比べると、当然、あらかじめ前払いしておいた敷金がない為、退居時に一気に費用がかかります。その為、高額な費用請求をされたと錯覚に陥りトラブルになるケースが多いようです。
前払いでも後払いでも原状回復費はかかってしまう時はかかるので、明細をもらい納得いくまで大家さんと話しましょう。

【滞納】

次に、敷金の働きとして、退居時に家賃の滞納があったら、その分を敷金から差し引くことができるという機能があります。
しかし敷金0の場合は敷金から差し引くことができない為、入居者に滞納されると大家さんは打つ手が限られてしまいます。そこで滞納しないよう早い段階から督促を行う、あるいは督促を厳しくするといった現象が目立ってきています。
最近は特に、近隣に見える形で部屋の前に督促状を貼り付けたり、高額な違約金を請求する、1日遅れただけで部屋に無断で立ち入る、あるいはカギを交換してしまうなど違法な督促を行っている一部の悪質な業者の実態が報告されており大きなトラブルとなっています。

今回はかいつまんでこの二つの機能をとりあげました。
特に後半の滞納について、悪質なのは極一部の業者で大半についてはそのようなことはないかと思いますが、敷金0の物件を選ぶ場合は、稀にそのような業者も存在する可能性があることをしっかりと認識した上で契約するとよいでしょう。

LEAVE A COMMENT