入居審査って何をやってるの?

Home » 賃貸について » 入居審査って何をやってるの?
賃貸について コメントはまだありません

入居希望者が入居する時、必ず大家さんや管理会社によって入居審査が行われます。

大家さんによっては自分自身で審査を行う場合や、管理を任せている管理会社が代わりに審査を行う場合など本当に様々です。
また、仲介を行っている不動産屋(みなさんが行かれた不動産屋です。)でも入居審査前に審査とまではいかないですが、その人の人柄や特徴をみて大家さんに 入居審査のアドバイスをします。 仲介不動産屋としても、大家さんとの付き合いがあるので、もし仲介した入居者が家賃を滞納したら「なんて人を紹介したんだ」と大家さんから責められること もあるのでしっかりと店頭で見ているわけです。

では、大まかな項目で見ていきましょう。

【収入】

「家賃が収入の3分の1位まで」とよく言われています。 丁度そのくらいなら無理なく家賃を支払えるということなのですが、実は必ずしもそうでなく、3分の1以上でお部屋を借りている入居者はたくさんいらっしゃいます。
例えば家賃が収入の半分を占めた状態で入居審査を通っているお客様などです。入居者も人それぞれなので、多少他の生活費や遊興費を削ってでもグレードの高 い家に住みたいと思う人がいるのも当然です。 ですので仲介してくれている不動産屋にしっかりとその旨伝えれば入居審査を通る可能性は十分あるでしょう。(もちろん落ちる可能性もあります。) 但し、あまりに収入に対して家賃が高い場合は、落とされてしまう可能性が飛躍的に上がるので、あまりにも高望みは難しいでしょう。(それでも通る場合はあ ります。)

こ のような書き方だと、結局通るのか、通らないのか、どっちなんだと思われるかもしれませんが、本当に全て個々のお部屋の大家さんや管理会社次第なのです。 逆に言えば大家さんや管理会社にしっかりと自分が家賃を支払っていけることを伝えて納得してもらえれば、収入の3分の1までの家賃というルールなんてどう にでもなるのです。
ですので自分は問題なく支払えるということを仲介不動産屋を通してアピールしておきましょう。仲介不動産屋もできるだけ成約させたいので頑張ってくれるでしょう。
※物件によっては交渉が一切効かない場合もあるので、落ちてしまっても仲介不動産屋を悪く思わないであげて下さいね。

【職業】

確かに職業によって通りやすい、通りにくいがあります。 一般に水商売やフリーター、日雇いなど不安定な職業、もしくは働いていない(無職など)場合などは厳しいでしょう。
しかし、これらに該当したとしても仲介不動産屋が大家さんに「実際にこの入居者と接してみて、この人なら大丈夫」と背中を押してくれるような場合であれば 何とかなるケースがよくあります。また、安定した職業であれば少々収入が低くても通りやすいようです。 結局のところ職業についても一般的傾向はあるもののケースバイケース、なんとかなる場合なんていくらでもあるし、逆になんともならない場合もいくらでもあ ります。大家さん次第なんですね。

【保証人】

安定した収入があるかどうかというポイントが一番重要視されます。また、安定した収入といえども年金暮らしの場合は敬遠されがちです。しかし、全くダメと いうこともなく退職前の職業や会社の規模によっては十分な貯蓄があるということで問題ない場合もよくあります。 現在では保証人不要制度もあり、最終的に保証人を見つけにくい場合はそれを利用してみるのも一つの手です。

【人柄】

大家さんによっては面接をすることもありますが、多くは直接接した仲介不動産屋が人柄を見て、この人は大丈夫ですよと大家さんへアドバイスします。
いくら年収十分、肩書き十分でも周りの人と揉め事を起こすような入居者であれば、後々面倒なので当然大家さんも契約したくありません。
その為、意外と不動産 屋での対応の仕方やそこから垣間見える人柄などは入居審査に影響を与えるものなのです。逆に言えば信頼できる不動産屋でしっかりと腹を割って話せば難しい 条件だったとしても、入居審査に通ることもあるのです。

以上のように、実は仲介不動産屋が背中を押すか押さないかでだいぶ結果が変わってくるのです。もちろん、いくら不動産屋が背中を押しても落ちる時は落ちてしまいます。最終的な決定権は大家さんが持っているので最後はやはり大家さん次第なんですね。

LEAVE A COMMENT