どうしてペット不可のお部屋が多いの?

Home » 賃貸について » どうしてペット不可のお部屋が多いの?
賃貸について コメントはまだありません

ペット好きな方は意外に多いのに、ペット可のお部屋はとても少ないですよね。 実際にお部屋を検索してみるとペット可にチェックを入れた途端、検索結果が少なくなってしまいます。 では、なぜペット可のお部屋は少ないのでしょうか。

【部屋の汚れ】

これが最も大きな理由でしょうか。
大家さんとしては部屋を必要以上に汚されないかどうかが最も気がかりなことでしょう。
ペット可にすると、床やフローリングが通常以上に汚れるだけでなく、壁紙を剥がされたり柱のいたるところに引っ掻き傷を作られる場合がとても多いのです。
また、ハウスクリーニングをしてもとれないような臭いが部屋に染み付く場合もあり、次の入居者確保に支障をきたしてしまう場合もあります。
このような危険を恐れてペットを不可としている場合があります。

【近所】

基本的にペット不可のマンションに住んでいる人はそのマンションがペット不可であると知って住んでいます。そして入居者の中にはそのペット不可という部分が魅力でそのマンションに住まわれている場合もあります。
たとえば、騒音に対して敏感な方であれば、近隣のペットの鳴き声がとても気になるでしょうし、動物の臭いに敏感な方であれば、廊下でペットとすれ違うだけで気にしてしまう方もいらっしゃいます。
そのような方がペット不可のマンションを選ぶ場合、「ペット不可」という部分がお部屋選びをする際にとても大事なポイントとなるのです。そのような方に対する需要を満たすためにもペット不可としているのです。

【トラブル】

ペットの鳴き声はかなり壁の厚いマンションでも隣室へ響いてしまうことが多いのが現状です。そのような場合隣室との間でトラブルとなってしまうことがあります。
大家さんとしては家賃滞納を最も嫌がりますが、その次くらいに嫌なのが近所トラブルであるといってもよいのです。それくらい、近所トラブルは嫌がられます。
ですので、最初からそのようなトラブルの目は摘んでおきたいと思われる場合が多く、そういった意図でペット不可としているのです。

概ね以上のようになるでしょうか。
よく頂戴する質問に「ペット不可」のマンションを交渉して「ペット可」にできないでしょうかというのがあるのですが、これも同様に上記の理由で断られるこ とが多いでしょう。 もちろん交渉するのは自由ですし、交渉材料として敷金の追加するなど方法はありますが、近所トラブルまで心配されている大家さんもとても多いので難航する のは間違いないでしょう。

LEAVE A COMMENT